胃がんリスク検査

将来の胃がんリスクがわかる!

ピロリ菌のイラスト

採血で将来どれくらい胃がんになりやすいかのリスクを調べる検査です。

胃がんリスクが高い場合は、リスクを減らすための予防対策をすることができます。

検査内容

  • 問診
  • 血液検査(ピロリ菌の有無、胃の萎縮度の判定)

(注意)胃がんを診断する検査ではありません。

検診を受診するには?

【要確認】市内指定医療機関(個別検診)

医療機関を探す」のページより、医療機関の検索が可能です。
(注意)予約制の場合もあるので、事前に医療機関へご確認ください。

更新日:2018年11月15日